ブログジャンル

にほんブログ村 為替ブログ 100通貨単位・1000通貨単位へ
にほんブログ村の為替ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いいたします♪

検索フォーム


カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リピートVBAの公開を再開します。が・・・

動作確認が出来ましたので一応公開したいと思いますが、出来ればテストできる方にまず使って頂きたいと思ってます。


今回のバグについて結論から言わせてもらうと「原因不明」です(><)
理由としては・・・

1.「注文番号取得」からだとOK!
2.しかし、「リピート実行」もほぼ同じコードを使用しているのにNG!


うーん、謎です。

「リピート実行」の処理の流れは、
①新規注文をする
②注文照会を開く(注文受付結果の注文照会ボタンをクリックする)
③注文番号を取得する
です。
20111219-VBA1


「注文番号取得」の場合、
②注文照会を開く(上段メニューより取引照会→注文照会)
③注文番号を取得する
になります。
20111219-VBA8


大きな流れは一緒ですが、注文照会を開く方法が少し違うだけなんですよね。

とりあえず、注文照会すら開かなくなってしまったので、クリックする場所の探し方を変えてみたら一応ページは表示するようになりました。それが下のコードになります。
20111219-VBA7


やったー!!
20111219-VBA2


が、ここで再びストップ!!
次の問題は注文照会にある注文番号を取得できないというもの。
しかし、ここの処理は全く同じコードを使ってるんです!
パソコンでコードを並べて見たり、印刷して紙で見たりしても、、、やっぱり同じ。
20111219-VBA3
※「リピート実行」で使っているコード

20111219-VBA4
※「注文番号取得」で使っているコード


んなら、処理の状況を見てみるか。ということでエクセルに出力してみました。
20111219-VBA5
※「リピート実行」で使っているコード

20111219-VBA6
※「注文番号取得」で使っているコード


すると、全然内容が違う結果となりましたw
読み込んでるページは同じだし、コードも一緒なのに結果が違う。
しばらく悩みましたが、全然分からなかったので無難に注文番号取得で使っている「②注文照会を開く(上段メニューより取引照会→注文照会)」にして落ち着きました。

一手間増えてしまいましたが、動かないよりはマシなのでこれで勘弁して下さい。
現在、私の方でもテスト中です。


「マネーパートナーズのシングル・IF-OCO注文に対応した、リピートVBAをダウンロードする」




スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。