ブログジャンル

にほんブログ村 為替ブログ 100通貨単位・1000通貨単位へ
にほんブログ村の為替ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いいたします♪

検索フォーム


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第07回 自動売買用プログラム - for ExcelVBA

こんばんわ!

今日は前回の続きで、「①エクセルで注文表を作成する。」となります。ついでに「②表にプログラム実行用のボタンをつける。」も行います。
まだ前回の記事をご覧になっていない方はこちらからどうぞ。→「マネーパートナーズFXnanoで一括注文に挑戦!」


それでは始めたいと思いますが、ちょっと予定を変更致します。
当初はブログを元に注文表を作成してもらおうと思っていましたが、注文表は私が作成したものを使ってもらい、記事には説明や注意事項を書くことにしました。

なので、まずは私が作った注文表をこちらからダウンロードしてください。

ダウンロードできましたか?
それでは、ファイル(kuru2WIDE.xls)を開いてください。
その際、下記のようなメッセージが出るかもしれませんが、「マクロを有効にする」でお願いします。
20110627-vba02


これが一括注文用のエクセルファイルになります。
注文を行いたい、通貨ペアやレートを入力し、注文内容を作成していきます。
注文内容の完成後、プログラムを実行することで自動的に発注をします。
20110627-vba03


このファイルは「IF-DONE注文」をベースにつくっており、左側が一次注文(新規)の内容で、右側は二次注文(決済)の内容となります。
一度に最大300件まで注文を出すことができるようにしました。



それでは、注文内容を作成していきましょう。

「一括注文表」のシートを選択してください。
20110627-vba04


上段にあるオレンジ色の項目を入力or選択していきます。
20110627-vba05


まずは取引を行いたい、通貨ペアを選択しましょう!
C2のセルを選択すると、プルダウンメニューが表示されます。
20110627-vba06


次に注文区分を飛ばして、売買を選択してください。
「売」が選択された場合、決済側(右側)の売買Bは自動的に「買」となります。
20110627-vba07


そして、取引数量を1から20の間で選択してください。
「1」は100通貨での注文となり、最大2,000通貨(取引上限)まで選べます。
20110627-vba08


次は執行区分を飛ばして、注文レート(上限レート)を入力してください。
このレートを基準にほかの注文するレートが計算されます。
例:「90」と入力すると、90円以下の注文がつくれます。
20110627-vba09
※85円のキャプチャになっとるやんけー!(><)


んで、刻み幅(注文幅)・刻み幅B(決済幅)を入力してください。
先ほどの注文レート(基準レート)より何Pips刻みで注文するか決めます。単位は1Pipsとなります。
例:「売り」で注文レートが「90」、刻み幅・刻み幅Bが「10」の場合は、90円から10pips刻みで計算されていきます。
新規90円(決済89円90銭)、新規89円90銭(決済89円80銭)、新規89円80銭(決済89円70銭)、新規89円70銭(決済89円60銭)・・・です。
20110627-vba11


このように基本的に利食い用となっております。
買いの注文なら、新規レート+○○pipsの決済。売りなら新規レート-○○pipsの決済になります。

損切り注文を出したい場合はセル内の計算式(注文レートB)を変更してください。
例えば、O11セルの計算式は「=IF(E11="買",H11+$H$6/100,H11-$H$6/100)」となっていると思います。
20110627-vba12


これを「=IF(E11="売",H11+$H$6/100,H11-$H$6/100)」にすれば、買い注文で新規レート-○○pipsの損切り決済の値が計算されます。
ほかの注文も変更したい場合はO11セルをコピーし、O12セル以降に貼り付けてやればOKです!
20110627-vba13



そして、有効期限を選択してください。
20110627-vba10


3種類から選べるようになっておりますが、無期限(GTC)を選択する場合、予めパートナーズFXnanoのトップページより設定→取引期限設定→設定しない(期限なし)へ変更しておいてください。
初期設定では使えない状態となっておりますのでご注意ください。
20110627-vba14


最後に注文内容を確認の上、実行ボタンをクリックすると発注がされていきます。
発注内容が間違っていた場合などにプログラムを停止したい場合は、ESCボタン(キーボードの左上)を押してください。VBAの動作はこれで停止できますので覚えておいてくださいね。


が!!!

現在、まだ発注をかけるプログラムを作成しておりませんので、動きませんw
もう少し待っててくださいね。


長くなってしまいましたね^^;
今日はこの辺で終了です。お疲れ様でした☆


次回は「③マネパにログインする。」です。
お楽しみに♪



追伸
「状況(A10セル)」というところに発注状況を表示させます。発注ができた際、この列に「発注済み」などのコメントを書き出させるようにするのですが、2回目以降の発注時にはコメントが邪魔になることがあります。そのときはA10のセルをクリックしてください。クリックするとこの列のコメントを自動的に削除するようになっていますので良かったら使ってください。まだ使う必要はないんですけどね^^;

それともう3点w
執行区分ですが、いまのところ使う必要はありません。
実際はきちんと設定する必要がありますが、発注の際にマネパのエラーが出ますのでプログラム上で処理をしたいと思っています。なので、一応項目は作りましたが気にしないでください。

次に注文レートですが、計算式で四捨五入する「ROUND関数」を使っています。
詳しい説明は省きますが、これがないと注文レートを計算する際に変なレートとなり、発注ができないことがありますので消さないようにお願いします。


最後に使用上の注意です。
当ブログで紹介している内容はあくまで私が個人的に作成し、使用しているものです。
使用する場合はご自分で内容を確認の上、自己責任でご利用ください。
プログラムを使用して、損失を被っても責任を負うことはできませんので予めご了承ください。
よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。